ドッグフードの選び方

ドッグフードは、犬種や年齢によって選びたいものです。
犬と言っても、小さいものから大きなものまで幅広く、さらに必要な栄養素が犬種や年齢によって違っているためです。
例えば、ドッグフードの成犬用のものを仔犬に与えると栄養が不足することがあります。
小型犬のチワワのようなものから、大型犬のゴールデンレトリバーのようなものまでドッグフードを犬種に応じたものを飼い主が選択することは、それぞれの犬の健康を保つためにも大事です。
ドッグフードメーカーの大手の場合には、人気のチワワやダックスフンド、トイプードル、シェパードなどの犬種ごとのドッグフードが売られています。
愛犬の犬種のドッグフードがない場合は、小型犬用、中型犬用、大型犬用から選択できるドッグフードがおすすめです。

犬の年齢に応じて、ドッグフードにもいろいろな商品があります。
特に、ペットショップや動物病院で売られているメーカーの大手の商品は、ドッグフードの発達や年齢に応じたものが豊富にあり、飼い主がドッグフードに詳しくない場合でも楽に選択することができます。
例えば、人間の場合でも、ミルクが赤ちゃんには必要であり、離乳してからは食べやすい流動的な離乳食がメインになります。
犬の場合も同様で、生まれてすぐの赤ちゃんの場合にはミルクを、そしてミルクが終わると仔犬専用の高いカロリーのドッグフードが必要になります。
本サイトでは、いい食いつきのもの、年齢と犬種で選択、なぜ犬種で違うか、についてご紹介します。



≪特選サイト≫
アレルギーになりやすい穀物を一切使わないで作られたグレインフリードッグフードの通販サイトです ⇒ グレインフリードッグフード